ローソク足の基本でもある陽線の読み取り方法小陽線編その1

こんにちは

管理人のロータスです

今回は陽線の一つでもある小陽線について話していきます。

小陽線とは

ローソク足の種類でも小陽線は

相場が比較的落ち着いている時に出やすい形です。

またトレンドの継続中や押し目の部分でも出てきますね。

 

またエントリーするに当たって上影陽線や下影陽線ほど有効なポイントではありませんが
相場の加熱状況等を把握するには有効なローソク足となっています。

 

大陽線と比べて小陽線は見る機会も多く、種類も4つほどあります。

その為、僕は最初覚えるのに苦労しました(汗)

 

小陽線のこれから紹介する2つの種類は

上影陰線と下影陰線に比べて、長さと実体の大きさのみの違い

なので難しく考えないでくださいね。

 

① 小陽線

このローソク足はまさに相場が落ち着いてる時に出てきやすい典型になります。

今までのローソク足の陽線と違い圧倒的に実体が小さいです。

実体が小さいという事は始値と終値に差がない事を指します。

 

この時の市場参加者の心理は買い、売り両方の圧力がほぼ同じか、両方共様子見をしている状態です。

ようするにみんな買いなのか、売りなのか迷っている状態なんですね。

 

僕の経験上、レンジ相場でこのローソク足が出た場合は無視していますが
トレンド相場の押し目の部分では注目しています。

価格が下がるか上がるか迷っている状態なので、トレンド相場の流れに逆らう可能性は少なくなります。

 

トレンド相場の押し目では一時的にこのローソク足が出来て、移動平均線も近寄ってくる事があります。

そんな時は押し目としては絶好のチャンスです!

 

ですので、押し目を狙う場合は参考にしてみてください。

 

② コマ

このローソク足は小陽線よりもさらに価格の動きが無い時に出てきます。

見ての通リ、最高値、最安値さえも動きがありません。

ぶっちゃけ言うとこのローソク足の場合はトレードしない事をお勧めします。

 

ただしそれは天井圏、底値圏で無い場合です。

天井圏、底値圏で出てくると少し話が変わります。

 

コマは価格の動きが収縮した時に出てくるので天井圏、底値圏で出てくると転換のポイントになる事があります。

 

特にボリンジャーバンドから外れている時に出てくるとより転換ポイントになりますので注意深く見てください。

僕が思うにコマの出現は午前中が多いです。

 

為替市場はどこかしら開いていますがやはりロンドン市場やニューヨーク市場が1番為替取引を行っています。

 

日本時間の午前中は価格が動かない為、このローソク足が出てくるんですね。

僕の場合はあまり価格が動かないので、電車の中でチャートを見る位にしてトレードは行っていません。

 

コマが出現している場合、転換ポイントの他にもう一つ重要な事があります。

それはブレイクする為のエネルギーを貯めている点です。

 

コマや小陽線が連続して出現している時は大概、一旦トレンドが小休止しているか

次回に向けてエネルギーを貯めている状態が多いです。

 

ボリンジャーバンドも狭まっている事も多いのでブレイクに注目してください!

 

次回は下影陽線、上影陽線について話します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です