ベテランFXトレーダーでも迷うこともあるローソク足パターンの読み方

こんにちは

管理人のロータスです。

今回はローソク足パターンの判断に迷う時を話していきます。

ローソク足で迷ったら

前回の記事では

チャートを見ればすぐに見つけられるパターンを話しました。

しかしローソク足パターンも判断に迷う場合があります。

 

判断に迷うという事は本当にパターンとして成立しているかどうか微妙な物があるという事です。

 

パターンとして判断するには形を覚えるしかありません。

でも実際にトレードをしてみると本当にパターンなのか?と思う形も存在します。

 

これは例になりますが

黄色円の中のパターンは赤三兵に見えますが厳密にいうとそうではありません。

理由は陽線が連続して3つ続いていないからです。

 

しかしチャートを見てみるとその後上昇している事がわかりますよね。

こんな風に不完全な形でも赤三兵っぽい働きをする物もあります。

 

これがパターンは決められた形しかないと思っていると躊躇してしまうんですね。

もちろんちゃんと形を覚える事が大前提ですが。

このようにパターンをガチガチに考えすぎるもの良くない事がわかると思います。

 

チャートは食品で言えば生鮮食品みたいな物で刻一刻と変化し続けています。

ですので臨機応変に対処しなければならないんですね

 

臨機応変に対処する為には経験が必要不可欠です。

 

トレードを行う際はパターンだけを考えるのではなく似たようなパターンと同じ動きをするのかな?
と考えたほうがトレードに柔軟性が生まれますよ。

 

この辺を意識するだけで結構変わってくるので実践してみてくださいね!

 

柔軟に考えるときの具体的な方法

さてトレードは柔軟に考えたほうが良いという事を話してきましたがここでは具体的な場合について
話していこうと思います。

 

まず柔軟に考えるというのはパターンにハマり過ぎないという事が非常に大事なってきます。
つまり杓子定規にならないという事です。

パターンにハマり過ぎると非常に痛い目に遭遇する画像を用意しました。
以下の画像を見てください。

これは僕も多く経験してきたトレンドだと思ったら違うパターンです。
もしパターンにハマり過ぎて売りしか考えていない場合、青い円で売りを入れます。

しかしここまでは僕でも同じ事をしてしまいます。

問題はこの後になるんですね。

 

パターンにハマり過ぎて売りしか考えていないとせっかく価格が上昇しているのに
買いでのエントリーをまったく考えなくなります。

実はこれが非常に恐ろしい思い込みなるんですね。

 

今回の場合は青い円で売りのエントリーを入れた後、もう一度エントリーした価格に
戻ってきています。

ここで考えなければならないのは

・売りポジションをどうするのか?

・新たにポジションを持てるポイントはあるのか?

この2点になります。

 

売りポジションの考え方

今回の場合売りポジションはエントリー価格まで戻ってきた時点で一旦決済をするべきなんですね。

理由は直前の安値を割っていなくて価格が戻ってきているからです。

トレンド形成の条件である安値、高値の切り下げを満たしていないので、もしかして下落トレンドに
ならないのでは?と考えなければなりません。

また下落している状況も非常に重要になってきます。

 

あまりにも急激に下がっているので市場参加者の行動として必ず決済注文が多く行われます。
急落前に売りでエントリーしていれば利益確定、買いでエントリーしていれば損切です。

つまり非常に相場動きやすいという事です。

相場は急激に動いた場合、しばらくすると逆に動きやすい性質があるのでこの点でも
売りエントリー価格まで戻ってきたら一度決済をおすすめします。

新たにポジションを持てるのか

最後は新たにポジションを持てるのかという点です。

これは結構簡単で安値、高値の切り下げが行われず、売りエントリー価格まで戻ってきてるので
買いでエントリーしても良い条件がそろっています。

まあだからと言って必ず上昇する訳では無いので様子見(少額でのポジション)になると思いますが。

 

いずれにしろ、急落の後に安値、高値が切り下がらない以上トレンドにはなっていないので
売りだけに固執せず、買いでのエントリーも検討しなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です