トレードする上で避けて通れない怠け者でも簡単にできる資金管理の手法

こんにちは

管理人のロータスです。

今回は怠け者に送る資金管理の簡単な方法を話していきます。

怠け者でも出来る資金管理方法

資金管理の大切さは今までの記事を読んで頂いて
如何に大切な事かをわかって頂けたと思います。

 

資金管理の方法は人によって細かい所に違いがありますが
基本的な部分を話していきますので、基本を学んだら自分でカスタマイズしてみてください。

 

資金管理を行う上で絶対外せない事は2つだけです。

 

・投資資金をいくらにするか?

 

・ワントレードのリスクをどれだけ許容できるか?

 

たったこれだけです。

僕なんかはこれに加えて1日のトレード回数に制限を加えたりしています。

それでは、順に話していきますね。

 

投資資金は資金管理の第一歩

投資資金をいくらにするか?という点ですがこれは非常に簡単に決められます。

前提条件として話しておくと、投資資金は必ず余剰資金にしてください。

 

間違っても生活資金でトレードは行わないでくださいね。

 

理由は当たり前になんですが、生活資金を無くすと生きていけないからです。

トレードには常にリスクが付き纏うので注意してください。

 

これを踏まえて言わせてもらうと、初心者であれば最高でも10万円まで
ある程度利益を出している人であれば、無理しない程度の資金です。

 

初心者だけ具体的にしたのは僕もそうでしたがいきなり高額なトレードを行わない為です。

利益を出している人が抽象的なのは、このレベルになると自分でトレードに回せる資金が
自ずとわかっているからです。

まだ自分でわからない、あまり多く出せそうに無いなと思う人は低額からコツコツと
トレード資金を増やしていくほう良いと思います。

ワントレードのリスクを考える

ワントレードのリスクをどれだけ許容できるか?という点ですが

これはデモトレードを行うと自分の実力がわかります。

 

デモトレードでは自分の心がけ一つでいい加減にも真剣にも取り組む事が出来ます。

真剣に取り組んでいる時に手法だけの検証ではなく、実際にトレードしたらどれくらい
損失が生まれるのか、利益はどれくらい見込めそうなのか全て実際のトレードと
同じに考えるとわかりやすいと思います。

 

例を出すと資金10万円でトレードをした時、10pips損失を出してしまいました。
この時、10万通貨なら1万円になります。(手数料等は除く)

この損失を出した時に自分がどう感じるのかがポイントになります。

人によっては全然へっちゃら!という人もいますし、損失を出しすぎたと感じる人もいますね。

 

結局何が言いたいのかというとその損失を出した時に感じ方は人それぞれになるので
人に頼らず自分で感じ取っていくしか無いという事です。

 

 

こんな風に言うと具体性が無いので、初心者向けに言うと10万円で投資していたら1万通貨を最高限度としてください。

1万通貨と決めた理由は分かりやすいからです。

 

1000通貨でも構わないんですが、1000通貨で行うとあまりにも金額が
小さすぎるので僕はあまりお勧め出来ません。

 

また決める基準としては

5回損切りをしても笑って許せるポジション数とする位でしょうか。

 

以上が資金管理の簡単な方法になります。

これは一部の例になりますので自分なりにカスタマイズしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です