損切りをメインに使うFXトレードでの逆指値注文とは

こんにちは

管理人のロータスです

今回は逆指値注文に関して話していきます。

逆指値注文とは

逆指値注文とは指値注文とはまったく逆の注文方法になります。

実際のトレードで使う場面を考えると

 

・利益確定、損切りを確実に行う

 

・ブレイクアウトした方後に使う(特に押し目買い、戻り売り)

 

これだけを見ると意外に使えるんだなぁという風に見えます

僕も初心者の頃は逆指値注文を使いこなせませんでした。

ですが使いこなせるようになると利益確定、損切りが非常にやりやすくなります。

 

逆指値の使い方

逆指値注文は現在の価格よりも高くなったら買い、低くなったら売りという

注文方法でエントリーする事が出来ます。

これだけを見ると不利なトレードだと思いますよね。

 

例を出して考えると最初は指値か成行でエントリーをします。

エントリーする段階でトレードシナリオを考えている訳ですから
買いなら上昇、売りなら下降すると思いますよね。

 

ですが自分の思った通リに行けば良いのですが行かなかった場合が問題です。

 

そこで使うのが逆指値注文という訳です。

 

相場は常に流動的に動いています。

常にチャートに張り付いてて成行で決済が出来れば損切りや利益確定に
問題はありませんが、実際張り付いている訳にはいきませんよね。

そこで使うのが逆指値注文による損切り注文になります。

 

逆指値注文を入れておけば究極な話、後はほったらかしで大丈夫です。

注文を入れた価格で約定されるので外出していも安心ですね。

僕も逆指値でエントリーする事はあまりなくてだいたい損切り注文に使用しています。

 

逆指値で出来る事

また逆指値注文でブレイクアウトのダマシを回避できる注文方法でもあります。

逆指値注文でブレイクアウトを回避する場合

・ブレイクアウトして価格が戻り、その後さらに価格がブレイクアウトした方向と逆に進むと予測が建てられた時

 

ただこの方法には注意点があってブレイクアウトした方向と逆にエントリーする事になります。

移動平均線に部分で押し目買い、戻り売りになる可能性があるので十分に注意してください。

 

この方法を紹介しましたが長期の時間足ではまず使わないと思います。

短期足では発生する可能性がありますのでダマシを回避したい時には検討してみてください。

 

次回はIFD注文について話します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です