指値注文と決済が同時にできるFXトレードのIFD注文とは

こんにちは

管理人のロータスです

今回はIFD注文の使い方とポイントについて話していきます。

IFD注文とは

これまで成行注文と指値、逆指値注文の方法を見てきましたが
これを一つ一つ入れて注文する事は非常に面倒です。

そこで新たな注文方法として出てきたのが

 

指値注文を入れるのと同時に決済の注文もできる注文方法

すなわちIFD注文と呼ばれる物があります。

これも非常に便利な方法になるので是非マスターしてくださいね。

 

IFD注文のやり方

IFD注文の呼び方はアイエフディー注文と呼ばれています。

以下の画像を見てください。

見てもらうとわかると思いますが価格を入れる所が2つあります。

新規と呼ばれる所にエントリーしたい価格を入れます。

決済と言われる所には決済したい価格を入れれば完了です。

 

これだけだとこんな程度かと思われるでしょうがこの注文方法をマスターする事で
常に決済の注文を入れるという習慣が身に付きます。

 

初心者の内はエントリーする事ばかりに目が行きがちです。

FXトレードではむしろ決済の注文をしっかり入れる事が何よりも重要になります。

ここで決済注文を入れるという習慣を身につけてくださいね。

 

実際のトレードでの使い方

実際トレードする際にどこで使えば良いかという話になりますが
僕の経験で言わせてもらえば

 

・トレンドに乗っかっている時の損切りで使用

 

これが1番安全だと思います。

 

損切りでの使用と書きましたがこれにはちゃんと理由があります。

決済注文は一つしか入れられないのでリスクを考えると利益を上げる事より損失を減らす事を考えます。

 

そう考えると損切りのラインで注文を入れておけば自動で決済しますよね。

これがポイントになります。

 

逆に利益ポイントで決済注文をいれておくとトレンドが継続しているので利益も取れ得なくはないです。

しかし、トレンドが急激に変化したりして流れが変わると後は損失だけになります。

 

歯止めが効かなくなり、損失が増えて行く事のなるでしょう。

 

これはFXトレードで1番避けなくていけません。

なので

僕は決済注文は損切りの部分に入れて置くようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です