[ROOKIE OF TRADE] 第二巻 専門用語は全ての基本

こんにちは

ロータスです。

前回の記事であなたに目指して欲しいトレーダー像を話しましたが理解してもらえたでしょうか?

最初の内は漠然としていても大丈夫です。

漠然としていても目指している方向が定まっていれば後は進むだけなので

少しづつ勉強していきましょう!

 

さて

今回は2つの重要事項について話していきます。

・専門用語がなぜ大切か?

・これだけは覚えて欲しい専門用語

 

今後勉強していく上で全て基本になるので理解を深めていきましょう。

専門用語がなぜ大切か?

FXトレードの勉強でまず最初にやることは専門用語を覚えることになります。

手法を勉強するより専門用語学ぶことはつまらない作業になります。

その為

そんなことより手法を教えて欲しい

とにかく早く利益を出したい

こんな風に用語の解説等は無視してしまう傾向にあります。

 

これがおもしろいことに負け続けている人程、用語を正しく理解できていない人が多いですね。

専門用語を覚えることの大切さがよくわかる例として

学生時代の英語になります。

英語の苦手の人と得意な人の差は単語をどれだけ覚えているかここの差が鍵になっています。

僕は英語が得意ではなかったので、いつも80点以上とっている友人に話を聞くと

 

単語さえ覚えておけば文章問題もどうにかなる

 

こんな風に話してくれました。

この時は単純にそんな程度かと思っていたのですが実際単語だけ勉強した結果、

テストで20点位多く取れたことを覚えています。

 

実はFXトレードでも同じことが言えるんですよ。

 

僕もFXの勉強を開始してみてわかったことですが

手法そのものを理解する為にはまず用語がわからないと勉強になりません。

 

先の英語の例で言えば単語は専門用語、手法が文章問題にあたります。

 

その為、単語の理解をおろそかにすると雰囲気だけで手法を学んだ気になってしまいます。

これでは到底勝てませんね。

僕が経験してことから言わせてもらうとここでしっかり基礎を学んでおかないと後で本当に苦労します。

僕はこういう基本的な所をすっ飛ばしてトレードをしていたので長い間利益をだすことができませんでした。

 

ROTに参加されている人に無駄な苦労はして欲しくないので必ず専門用語を学ぶ所から始めてくださいね。

これだけは覚えて欲しい専門用語

上文でいかに専門用語の大切さがわかってもらえたと思います。

ですががむしゃらに覚えてもあまり意味がありません。

 

意味が無いというより優先的に覚えるものがあるということです。

FXの専門用語にも英語と同じように重要用語がある訳です。

 

ここから重要な専門用語を話していきます。

順番は特に関係がないので全て確実に理解してください!

 

① ローソク足

FXだけに限らず全てのトレードで重要な用語になります。

実際これだけでトレードしている人もいるので理解を深めて欲しいです。

 

② トレンドライン

常勝トレーダーが最も大切にしている線になります。

これを正しく理解していないと絶対利益は出ません!

 

③ レジスタンスライン

いわゆる抵抗線と呼ばれる線になります。

市場参加者のトレーダーが意識している線になるので必ず理解してください。

 

④ サポートライン

レジスタンスラインと同列に扱われている線になります。

これも市場参加者のトレーダーが意識している線になります。

 

⑤ ボリンジャーバンド

これも大切になります。

大切な理由はを理解することで相場の勢いがわかります。

 

⑥ 移動平均線

これも非常に大切ですね。

平均線を理解するだけでトレードの質がグッと向上します。

 

ぶっちゃけて言うとFXトレードはこれらを理解するだけで勝てるようになります。

ROTでは基本に忠実にトレードするだけで勝てるようにするのが目的なので。

 

これからそれぞれ保護にかけていない解説よりも詳しくより実践的に

解説していくので楽しみにしていてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です