[ROOKIE OF TRADE] 第二巻 ローソク足の応用上昇編

こんにちは

ロータスです。

今回は重要な専門用語であるローソク足について話していきます。

ローソク足の基本の形について話していくことになりますがこれに関しては
ローソク足のカテゴリー内で基本的なことは全て話しています。

ここではそれらを知った上での応用的な判断と見極め方を話していくつもりです。

 

まずは復習として以下の記事を必ず読んでおいてくださいね。

誰にでも分かりやすいローソク足の種類と組み合わせ徹底術

ここを理解していないと恐らくこの記事の内容はあまり頭に入ってこないかも
しれないので先に読んでおいてください。

 

内容もかなり深くなってくるので上昇編と下降編の2つに分けていきます。

 

それではいきましょう。

ローソク足別重要度

上文で先に読んでおいて欲しい記事の中で陽線の種類について話しています。

どれも重要なのですがローソク足の中でも絶対に見逃してはならない種類があるんですね。

 

それは

 

・大陽線

 

・下影陽線

 

この2種類になります。

初心者の内はこの2つに絞ってトレードのタイミングを図ったほうが

勝率も上がりますし、利益も得やすくなります。

 

まずは大陽線を例にして話してきますね。

 

大陽線は知っての通リ終値が始値より高い状態で終わっている状態です。

単純に考えてもこれからも上昇していくだろうと考える訳です。

 

価格というのは集団心理で構成されていますから当然多くのトレーダーが
買いの状態でポジションを保持している状態です。

その為、大陽線の出現はこれから上昇していくサインになります。

 

トレードの面白い所はみんなが右に向いたら右へ、左へ向いたら左へと
みんな同じ方向を向くことです。

こう考えると大陽線が出てくれば上昇する理由もわかると思います。

 

良い所は大陽線が長ければ長いほど上昇の圧力は増していることを指します。

見てもらえば一発で分かりますが強い上昇トレンドになっています。

この場合ですとボリンジャーバンドを超えて陽線になっているので益々強い訳ですね。

ただ一つだけ注意点があります。

それは見る時間足で大きく変わることです。

時間足で意味が違ってくる?

サブタイトルの意味ですがそのまんまの意味になります(笑)

 

FXトレードでは多くの時間足を見ていくわけですが見る時間足で大きく変わります。

基本的には

・長期の時間足出ているローソク足は影響力が大きい

・短い時間足は影響力が小さい

この2点を軸にして覚えてください。

 

ちなみの上の画像は4時間足になるので影響力が大きくなります。

これが5分足だったらどうなるでしょうか?

赤で囲ってあるところは見事な大陽線になっています。

ですがその後4時間足と比べて見ると全然上昇してもいないし、レンジ相場になっていますね。

これが初心者の陥りやすい罠になります。

つまり何でもかんでも大陽線だから買いと当てはめてしまうことになってしまいます。

 

これは僕も初心者のときはよく失敗していました。

僕も経験があるからわかるのですが、覚えたての知識はすぐに使いたがります。

ですがそれでは勝つことは出来ません。

大切なのは使いどころを間違えないことにあります。

 

この場合、エントリーしないことが正解になります。

理由としては平均線が横一直線に近いからです。

移動平均線というのは結局、指定した期間の平均値を出しているので線がまっすぐになる
という事は価格の上げ下げがほぼ同じ幅で動いているからなんですね。

この同じ幅で動いているというのが非常に重要になってきます。

 

FXでも株でもそうですが利益を得るためにはトレンドに乗るのが一番簡単です。

トレンドの定義はこちらの記事で詳しく書いているので省きますが、価格が動く方向に
エントリーできれば極論、利益はでます。

その価格の動いていくであろう方向をつかむのに移動平均線を使うと非常に無駄なエントリーが無くなりますね。

価格の動く方向をつかむのに移動平均線を使うと無駄なエントリーが無くなる。

大切な事なので2回言いました(笑)

 

使いどころは経験に左右されますのでなかなか伝えにくいところになるのですが
毎日少しでも勉強していけばわかるようになりますのでやってみてください。

組み合わせで意味が出てくる

これに関しては
FXトレードで使えるローソク足での買いサインを見極める上昇パターン

見てもらえれば基本のパターンがわかります。

 

ローソク足は単体よりも複数を組みわせた方法が1番わかりやすいです。

中でも初心者におすすめするパターンを紹介するので見逃さないようにしてください。

 

① ダブルボトム

② 毛抜底

 

この2つさえ覚えておけばおおよそ対処できます。

なぜこの2つかと言うと僕の経験ではこの2つが1番単純だからです。

 

僕もいろいろなパターンを勉強してきましたが初めてFXトレードの
勉強した時すぐに理解できたのがこの2つでした。

 

ダブルトップ、ダブルボトムは見つけやすい上に一度条件を満たすとほぼ
その通りに動く傾向があります。

この点で初心者には向いていると思いました。

念の為に言っておくと見つけやすいのも重要ですがパターンが
きちんと機能するかも重要になりますよ。

 

毛抜底も見つけやすい上に一度条件を満たすとだいたいその通りに動く傾向があります。

これもダブルトップ、ダブルボトムと同じ理由になります。

 

初心者が勉強していく上で最も大切なのは素早く理解できることになります。

そういう意味を込めてこの2つを真っ先に理解してください。

 

ここを理解できれば他のパターンも連鎖的に理解できていきます!

次回はローソク足の下降編に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です