[ROOKIE OF TRADE] 第二巻 ローソク足の応用下降編

こんにちは

ロータスです。

前回の上昇編に引き続いて今回は下降編の話をしたいと思います。

基本的にはほぼ上昇編と同じになります。

上昇編で紹介した

・ローソク足別重要度

・時間足で意味が違ってくる?

・組み合わせで意味が出てくる

これらは下降のローソク足でも同じ意味と役割を果たします。

 

上昇から下降に見方を変えるだけなので今回は前回で話しきれなかった
両方に共通する話題をここで話していこうと思います。

それでは行ってみましょう。

最重要ローソク足

上昇編でも同じ様な紹介になりますが以下のローソク足だけは

必ず覚えてください。

 

・大陰線

 

・上影陰線

 

この2種類になります。

初心者がトレードで利益を出す為には押し目買い、戻り売りを狙うと利益を上げやすく
もしくは極端に上昇、下降した場合の逆張りになりますね。

 

中でも押し目買い、戻り売りのタイミングを図るのに上記のローソク足が
出現した時が1番ベストになります。

 

今回の例は上影陰線について話していこうと思います。

大陰線に関しては、大陽線の解説を上昇から下降に変えるだけになりますので

ここでは省いていきますね。

 

それでは以下の画像を見てください。

これは4時間足のチャート図になります。

見てわかる通リ、赤丸で出現した上影陰線の後はしばらく同じ価格帯ですが
その後見事に下降しているのがわかりますね。

こんな風にローソク足だけでもトレードの判断は出来ることになります。

ローソク足と組み合わせると良いパターン

最重要ローソク足では、これさえ見ておけば大丈夫という部分のローソク足を
紹介してきました。

では結局どのタイミングでどのように使っていけば良いかを簡単なチャートで
解説していきますね。

 

これは大陰線で下降していくチャートになります。

言うまでもありませんが黄色円で囲っている場面が大陰線になります。

過去のチャートで見ると下降しているのでエントリーが出来ますが
これが実際動いているチャートだと戸惑うと思います。

というか僕も迷いますね。

 

そこで僕はもう一つフィルターを付け加えて精度を上げています。

 

・ボリンジャーバンド内を上から下へ跨いでローソク足が確定している時のみ

 

これを付け加えるとだいぶ変わってきます。

ボリンジャーバンド内というのが結構ポイントで全てがそうだと
言えませんがボリンジャーバンドから外れていると大体価格が戻ってきます。

 

ちょうど画像の黄色円から2本目、3本目がそうでしょうか。

ここは押し目の売りポイントになるんですけどね(笑)

 

さらに言うと移動平均線がまっすぐなのもポイントになります。

何回かサイト内で話していますが、移動平均線はまっすぐの場合は
レンジ状態になっています。

つまりこのチャート画像はレンジ→トレンドへの転換画像になるんですね。

 

初心者の段階でトレンド転換を狙うのは難しいですが、一つの参考例として
みてくださいね。

 

ここまでローソク足の形のみを話してきましたがこれだけではありません。

ローソク足の出現した位置も重要になってきます。

出現位置で意味が変わる

ローソク足も出現した位置で大きく意味合いが異なってきます。

意味合いが異なるというのはローソク足の影響力に差が出るということです。

 

これがおもしろいことに同じ時間足内でも出現する場所で意味が異なってくるんですね。

では下の2枚の画像を見比べてください。

どちらも立派な上影陰線になっています。

もしこれがローソク足だけでエントリーするとなると結果は大きく異なりますね。

売りでエントリーした場合上の画像では負けやすくなり、下の画像では勝ちやすくなります。

 

この2つの勝敗を分けた点は2つあります。

 

・トレンドを無視している。

・出現位置を考慮していない。

 

ここに勝敗が分かれています。

 

トレンドを無視している点ですが、一枚目の画像は上昇傾向にあります、

いくら上影陰線になっていてもトレンドに逆らっては勝てないのでこういう場合は
トレンドを重視してください。

 

次の出現位置ですが2枚目はチャートの上で出現しています。

またレンジ相場になっているので上昇する可能性は少なくなっているのも特徴です。

対して一枚目は真ん中付近で出現している為、下降としては弱くなります。

 

こんな風に出現位置でも大きく変わるのでローソク足をよくみてください。

出現する時間帯でも意味が変わる

最後の出現する時間帯でも意味が変わる点ですが
これは欧州市場と米市場の開かれるところに関係してきます。

 

欧州市場は日本時間では午後3時~午前3時に開かれます。

米市場では日本時間の午後9時~午前7時になります。

サマータイム等で変動はありますが。

 

ぶっちゃけた話をするとこれ以外の取引時間は余程のことがない限り大きく動きません。

その為レンジ相場になることが非常に多いです。

 

兼業トレーダーの方の多くは昼間働いて夜にトレードする為
あまり関係ない話になりますが欧州市場と米市場が開かれている時間帯
以外のローソク足は初心者の場合無視してください。

 

僕の経験の話になりますが、デモトレードをしていて市場が開かれている時間帯と
そうでない時間帯を比べた時、開かれていない時間帯はほとんど勝てませんでした。

いろいろ未熟だった点もあるのですが、それでもかなり勝率や利益に差が出ましたね。

 

初心者が勝てない理由には先に述べたレンジ相場になりやすい為だと思います。

FXトレードに慣れるまでは市場が開かれている時間以外でのローソク足は見ないほうが
懸命かもしれません。

 

最後にこれまでのまとめを載せておきます。

 

ローソク足の判断基準の基本は

 

・上位時間で判断する

 

・出現している場所をよく考える

 

・出現した時間帯を考える

 

この3点を見ていけばほぼ判断に迷うことはないと思います。

この点に注意してトレードの勉強をしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です