[ROOKIE OF TRADE]第二巻トレンド継続の終わり

こんにちは

ロータスです

今回はトレンドの継続時間について話していこうと思います。

トレンドというのは永遠には続きません。

いつかは終わりが来ますし、そこからまた新たなトレンドになっていきます。

 

初心者向けの教材や本ではトレンドの大切さや判断基準は詳しく書いてあっても
トレンドの終焉や転換についてはあまり見たことがありません。

 

僕はトレンドの始まり方はたくさん勉強できましたが

トレンドの終わりや転換についてどこにも詳しく書いていなかったので
理解することに苦労しましたよ。

 

そんな苦労があったのでROTに参加している人には最短で
わかりやすくトレンドの終わりについて話していきます。

 

それではいってみましょう!

トレンドの終わるタイミング

上文でも書いていますがトレンドが永遠に続くことはありえません。

必ずどこかで転換若しくはレンジ相場に突入します。

 

トレードする際、トレンドさえつかみ取れれば簡単に利益が出ると
話しましたが半分正解半分間違いになります。

 

半分正解の部分ですが、多くのトレーダーが一定方向に動いている為にトレンドが発生します。

これと逆方向にエントリーを仕掛けることは集団心理に逆らうことになるので
利益が出ないのも当たり前です。

また上位時間で発生したトレンドは余程のことがない限り続いていくので
素直に流れに乗る方が利益は得やすくなりますね。

 

では半分間違いとはどういうことだと思いますか?

確かに一度発生したトレンドは継続しやすいのは事実です。

しかし必ず終わりが来るのも事実です。

半分間違いということはトレンドの終わりでエントリーをする

この点になります。

この画像はトレンドラインに沿ってエントリーをしています。

見てもらえばわかると思いますが赤丸でのエントリーは利益が得られます。

逆の青丸でのエントリーは画像が切れていますがこの後、下降トレンドに移行して負けています。

 

この両者の違いを見極める事で初心者が利益が得られるか得られないかの
決定的な差になります。

 

具体的な差はたった2点しかありません。

逆に言うとこの2点を見てるか見てないかで大きく別れます。

 

・トレンドラインを終値で超えていないか

・移動平均線がどの方向に向いているか

 

まずトレンドラインを終値で超えているかいないかですが

終値で超えていく場合、僕の経験上トレンドに何かしら変化が置きます。

これは上位時間であればある程ですね。

 

青丸ではトレンドラインを終値がラインを割っている為エントリーすることに
疑問を持ちますね。

赤丸は終値がラインを超えていないのでエントリーしても大丈夫な訳です。

 

移動平均線ですが画像の緑と赤の線になります。

赤が短期線で緑が中期線ですね。

 

移動平均線の場合、角度だけではなく向きも非常に大事になります。

青丸では移動平均線が下に向いています。

しかもデッドクロスも発生していますよ。

 

赤丸の場合、両方の移動平均線が同じ方向若しくは逆向きではないので
これもエントリーする条件になります。

ついでに補足すると青丸は大陰線になっているので下降トレンドを形成しやすくなっています。

このようにトレンドの終わりでエントリーすると負けてしまうので注意しましょう!

トレンドが終わったその後

トレンドが終わったその後の状況になりますがこの2つの状況になります。

 

・レンジ相場になる

・今までのトレンドと逆のトレンドが始まる。

 

トレンドが終わったら初心者の場合は新たなトレンドが形成されるまで
トレードは休んでください。

大概勝てません。

実際僕も長い間、トレンド相場で得た利益をこのレンジ相場や新たなトレンドが
始まる手前で失っています。

 

トレンドで得た利益をなくさない為にもトレンドが終わったらトレードは休んでください。

以下の画像は参考例になります。

緑の円で得た利益もトレードを一旦休まないと青の円で簡単に利益を失ってしまいますので

よくよく注意してください!

 

慣れてくると青の円での利益の出し方も理解できてくると思いますので
まずはトレンド相場できっちり利益を出すことを実践してみてください。

トレンドが終わった直後がチャンス?

ここまでトレンドの終わりについて話してきましたが、まだ大事な事を話していません。

それは、トレンドの終了直後もチャンスだと言う事です。

 

え~さっきまでの話だと終了した後だと負けるって言ってたじゃん!
このように思うかもしれません。

 

ですがここで話す内容はトレンド終了直後(最高値を更新しなかった場合)を指します。

先ほどの画像を使って説明しますね。

青い円の直前に上ひげの長い陰線が出ているのがわかると思います。

しかもボリンジャーバンドにタッチしていてです。

これってどこかで聞いた事ありませんか?

 

そう初心者に知ってほしいボリンジャーバンドの手法その1の部分にある
レンジ相場と同じ方法が使えるんですね。

 

ボリンジャーバンドというのは価格のボラティリティを表示しています。

つまり、その幅内で価格が収まりやすいんですね。

そこに下降を示す上ひげの長い陰線が出ているので、その後価格が下落しやすいと
判断が出来ます。

 

トレンドが終わったからもうチャートを見ないでは無く、その後何が出来るのか
判断するのもとても大事な事ですよ。

 

今回は以上です。

[ROOKIE OF TRADE]第二巻トレンド継続の終わり” に対して1件のコメントがあります。

  1. 益田 より:

    こんばんは
    この記事にあるチャート画像の通貨ペアと時間足などの情報を教えていただけないでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

    1. rock より:

      質問、ありがとうございます。

      通過ペアと時間足はドル円の15分足です。

      ただ載せている画像はいつごろだったのかは記録に残して
      置いてないのでお答えできませんね。

      1. 益田 より:

        ご返信、ありがとうございました。
        自分のチャートでも確認しようかと思いお聞きしました。
        最近のものではないかもしれないのですね、了解しました。
        また、よろしくおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です