[ROOKIE OF TRADE] 第二巻レジスタンスライン活用術

こんにちは

ロータスです。

今回はトレーダーの多くが注目している線レジスタンスラインについて話します。

FXトレードをする際、必ずチャートを確認することになりますが
重要な線はトレンドラインだけではありません。

 

多くのトレーダーが意識しているレジスタンスライン、サポートライン
非常に重要になってきます。

 

トレンドラインが相場の流れを把握するのに使いますが

レジスタンスライン、サポートラインは意識されている価格を把握する為に使用しますね。

 

今回はレジスタンスラインについて話しますがサポートラインも非常に
重要になりますので合わせて読んでみてください。

 

レジスタンスラインとは

レジスタンスラインとは日本語で説明すると上値抵抗線という意味になります。

読んでの字の如く多くのトレーダーがこの価格なら反発するだろうと
意識している価格になりますね。

 

レジスタンスラインが意識される理由ですが

この線が引かれる状況を考えるとわかると思います。

すなわち、価格の反発です。

 

レジスタンスラインの引く条件はいろいろあるのですが

初心者の場合は以下のことだけを意識してください。

 

・同じ価格帯で何度も価格の上下が繰り返されている天井圏

・急激に価格が下落したローソク足の始値

 

この2つだけになります。

レジスタンスラインも引こうと思えばいくらでも引けますので

トレンドラインと同じように自分で分かるところだけ引いてくださいね。

以下はそれぞれの例になります。

 

同じ価格帯で何度も価格の上下が繰り返されている

急激に価格が下落したローソク足の始値

このように自分が意識しそうな部分というのは、大概ほかの人も意識している
可能性が高いのでラインが有効になってきます。

ちなみにライン付近で何回も意識されているポイントは重要になります。

 

レジスタンスラインの読み取り方

レジスタンスラインの見方と引き方を話しましたが
正しく読み取れなければ意味がありません。

 

ROTを読んでもらっている方々に覚えておいて欲しい読み取り方は
たった2つだけです。

 

・レジスタンスラインを終値で超えて来たらレンジブレイクを”意識”する

・自分のトレードの基準足に適した時間足でラインを引く

 

それでは見ていきましょう。

 

レジスタンスラインを超えて来たらレンジブレイクを意識することですが
あくまで意識するだけです。

 

ただ機械的に処理するのではなく、状況に合わせて考察していきます。

初心者の内は一流の教材の中身を真似てトレードの勉強をしていく必要があります。

宣伝になってしまいが優良教材にある教材は一流の教材ですよ(笑)

 

話を戻しますが

言われたことだけ勉強する事と常に理由を考えて勉強するのでは
技術の向上に雲泥の差が生まれますね。

 

僕はサイトの中でルールを守ることが大切だと言っていますが
それは馬鹿正直に守ることではありません。

 

ラインを抜けたらからこれは絶対にブレイクだと思い込んでしまうと
ブレイクでもなんでも無い場合が多々あります。

 

臨機応変に対処していかなければなりませんがすぐにでも実践できるのが

自分のトレードの基準足又は1つ上の上位時間足でラインを引くことです。

上位時間足で抜けて行けばかなり信用できます。

これを意識するだけでもかなり違ってきますので意識してみてください。

 

レジスタンスラインの実践例

最後はチャート上でどのように意識されているかを話していこうと思います。

緑の円が2回確認したところでレジスタンスラインを引きます。

この時のエントリー方法ですがしっかりと反発したことを確認することです。

 

2番目の緑円で大陰線が形成されていますよね。

この時の終値でエントリーすることが重要になってきます。

状況によっては確定する前でも大丈夫な場合もありますが基本は終値でエントリーしてください。

 

エントリーする場合は必ず上位時間で確認したトレンド方向に仕掛けてくださいね。

 

間違っても逆方向でエントリーしてはいけません。

たまに多分いけるだろうという気持ちでエントリーしたくなりますが、そこは
グッとこらえてください。

 

ラインを超えて来た時の対処方法

さてこれまではラインで反発した場合の使い方を話してきました。

では実際、ラインを超えてきたらどうしたらよいでしょうか?

それでは画像で解説していきます。

茶色っぽい線をレジスタンスラインにしています。

ここまで読んできてくれたあなたなら、もうわかると思いますが
レンジ相場で3回ほど価格が意識されている部分がありますね。

 

その後、ピンク円で見事にブレイクして価格が上昇しています。

このピンク円を捉える事が出来ればFXで大きく利益が上げられる訳です。

 

じゃあどうやって見極めるのか?という話になりますがこれは非常に単純です。

ラインを超えたからとすぐにエントリーしない。

たったこれだけです。

 

さらに付け加えるなら以下の点も見てください。

・ヒゲのあるローソク足が出現しているか

・移動平均線がエントリーする方向に向いているか

・ブレイクしてから少し価格が戻ってきているか

この3つを注意してみるとさらに精度が上がりますよ。

 

ただ全部満たしていなけばならないという訳ではありません。

満たしていなくてもトレンド方向に大きく動く事もありますし
逆に全て満たしていても、損切になる場合もあります。

 

僕があなたに知ってもらいたいのは、何事も型にはめ込まないという事です。

型にはめ込んでしまうと臨機応変に対応が出来なくなるので
注意してくださいね。

 

 

以上がレジスタンスラインの解説になります。

サポートラインと一緒に覚えるとだいぶ覚えやすいので両方しっかり読んでください。

[ROOKIE OF TRADE] 第二巻レジスタンスライン活用術” に対して1件のコメントがあります。

  1. 益田 より:

    こんばんは
    赤、緑、白色の移動平均線の設定値は何でしょうか?

    1. rock より:

      ご質問、ありがとうございます。

      レジスタンスラインの実践例にある画像は赤は10、緑は20、ピンクのボリバンは25です。

      ラインを超えて来た場合にある画像は黄色が75、白が5、緑のボリバンは20になります。

      1. 益田 より:

        ご回答をありがとうございました。
        質問を何度もすみません、白い線は、反応が良さそうですが、EMAでしょうか?
        ボリバンは通常のSMAでお使いかと思いますが。
        よろしくお願いします。

        1. rock より:

          質問、ありがとうございます。

          そうですね。白い線はEMAになります。
          移動平均線の特徴として、トレンドが発生している時は信用度の高い目安になります。(画像の後半部分を見てもらえばわかると思います。)

          ボリバンは±2αの20で設定しています。これは完全な好みの問題なりますね。
          ただ値が小さすぎるとかなり、ボリバンがグチャグチャしてしまいますので注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です