トレードの勉強になる御薦め本

こんにちは

管理人のロータスです

今回は僕が今まで読んできた御薦め本を紹介していきます。

トレードの勉強する為にはいろいろな知識を入れていかなければなりません。

教材を買ったり、本を読んだり、サイトを見たりなどなど

実に様々です。

 

初めて勉強するという人でも最初に考えるのが

 

本で勉強する

 

これだと思います。

僕も初めて勉強した時はたまたま本屋で見かけたFX関連の本でした。

 

その時は流し読み程度でしたが、後日しっかり勉強する為購入したのを

覚えていますね。

こんな風に取り掛かりやすいのも本ならではだと思います。

またサイトなどよりも形として目につきやすくなるので比較的

何回も読む傾向にあると思います。

 

さて

ここからは僕が読んできた御薦め本を紹介していきます。

 

テクニカル分析での御薦め本

 

初心者にとっては当然ですがベテラントレーダーでも本で勉強するには

わかりやすくなければなりません。

 

そこで紹介したいのが

テクニカル指標の読み方・使い方 [ 伊藤智洋 ]

 

この本の特徴はなんといってもわかりやすさにあります。

僕はここまで分かりやすい本は出会ったことはありませんが

たぶんこれよりも分かりやすいものはないでしょう。

 

この本なんですが、株式投資と題名に入っていますがFXでも何も

問題がありません。

トレードという点では株式だろうがFXだろうが根本的な所は同じです。

 

状況別にも詳しく書かれていて、実践的な話が多く掲載されており

僕はとても参考になりましたね。

 

僕が気に入った点はもう一つあります。

題名に月30万円儲かる!,誰でも簡単に出来る等と言った広告が

一切書かれていない点ですね。

 

僕もそうでしたが本を読んだ程度でそんなに稼げません。

タイトルからみれば”勉強が難しいな”という印象を受けるかもしれませんが

それ以上の価値がこの本にはあります。

 

まだテクニカル分析がよくわからない、ちゃんとした例題を交えて欲しいという方

には是非読んで欲しいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です