ローソク足の陽線でも陰線でも無いタイプは初心者に覚えて欲しい

こんにちは

管理人のロータスです

今回は陽線でも陰線でもないローソク足の種類について話します。

これまでローソク足の陽線陰線の種類について話してきました。

ですがローソク足は陽線陰線だけではありません。

どちらにも属さないローソク足があるんですね。

 

今回はどちらにも属さないローソク足の使いどころや出現する
タイミング等を話していきます。

 

どちらにも属さないローソク足とは

これまでのローソク足は始値に対して終値が上昇しているか下降しているか
この条件で陽線か陰線が決まっていました。

 

ですがほとんど始値を終値に動きがなければ実体と呼ばれる部分が出来ません

そうすると十字架の様な形になります。

これを十字線と呼ぶのですがそれぞれ種類があるので紹介していきますね。

 

十字線とは

始値と終値にほとんど動きが無い場合に出来るローソク足になります。

これだけだと本当にローソク足か?と思われますがチャート上にちゃんと出てきます。

この十字線のポイントはこれだけです。

 

・ 相場の転換点になりやすい

 

相場の転換点になりやすい点ですが十字線が出現している時はレンジ相場の場合が多いんですね。

レンジ相場は次のトレンドへの準備期間だと話していますがこの十字線も正にそれを表しています。

レンジ相場の中で多く出現してきたり、移動平均線と重なって出現してきたら
トレンドがそろそろ始まるかな?と思ってください

 

トンカチとは

十字線に比べて始値より上にまったく上昇しなかった

ローソク足になります

一旦は価格が下降したがその後は始値まで戻された形になります。

下影陽線や下影陰線と同じように強い上昇の圧力が存在していますね。

トンカチは底値圏やトレンドの最中に出てくるとベストタイミングになります

またトレンドでも上昇トレンドなら尚良いですね。

ただ高値圏で出現した場合は下落の予兆とも考えられているローソク足になるので注意が必要です。

 

トウバとは

トウバはトンカチと形が逆向きになっています。

トンカチとは逆に今度は一旦最高値まで価格が上昇したがその後は
価格が抑えられて始値まで価格が下落していますね。

チャートで出現するときは非常にわかりやすい形で出てきます。

天井圏で出現すると下落の予兆になり、下降トレンドの戻り売りの場面で出現しても有効に働きます。

 

いかかでしたでしょうか?

このようにどちらにも属さないローソク足も確かに存在します。

基本的には出現したら相場が迷っていると判断してもらって大丈夫です

もちろん長期の時間足での出現に限ってですが。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です