兼業FXトレーダーが時間が無くても押さえておきたい時間足を選ぶ方法

こんにちは

管理人のロータスです。

今回はサイトの主目的でもある兼業トレーダーならではの目線で話していきたいと思います。

 

兼業トレーダーと専業トレーダーの違い

さてすべてのトレーダーに言える事ですが
トレードをする為にはチャートを見なければできませんよね。

専業トレーダーはいつでもトレードできますし兼業トレーダーは
好きなタイミングでトレードは出来ません。

そして

専業と兼業の大きな違いは時間の使い方にあります。

つまり時間が無い為、トレードが出来ないんですね。

 

勝ち組になるための専業と兼業と12のメリット、デメリット

ここでも少し話しているのですが、デメリットとメリットの他にも
いくつかあるので紹介していきたいと思います。

 

まず兼業トレーダーには上文でも書きましたが圧倒的に時間がありません。

仕事中にチャートを見るわけにも行きませんし、少しチャートを確認するだけ
では綿密なトレードシナリオを構築できまんせよね。

とくに初心者であれば尚更です。

 

僕も以前は仕事の合間を縫ってトレードしていましたが一旦エントリーをすると
気になって仕方がなくなりましたよ。

そうすると仕事でもミスがしやすいので仕事中のトレードは避けるべきですね。

またペナルティもあるので注意が必要です。

 

兼業と専業では見ている時間足も異なりますので兼業トレードに適した
時間足が存在する訳です。

 

短い時間足はなるべく避けたほうがよい

いきなりサブタイトルに突っ込まれそうですがこれは事実です。

僕もデイトレードをしていますが、基本的に短い時間足でのトレードは避けています。

 

この場合避けていると言っても、見ていない訳ではありません。

 

どういう事かと言うと

短い時間足でエントリーをなるべく行わないという事です。

何度も話すようですが、兼業トレーダーには時間が少なくチャートを見ている暇
もそんなに多くありません。

短い時間足に固執するよりも、長い時間足で判断したほうが心に余裕が持てます。

ですが短い時間足よりトレンドの発生を捉えるのが遅くなるのでこの点に関しては
一長一短と言った所ですね。

 

電車の移動中だとか、ちょっとした休憩時間位しかチャートを見れない場合が多いと思います。

短い時間足だけ見てもあまり意味がないんですね。

価格の流れを探るのにも、エントリーするタイミンミグを測るのにも
長期の時間足が1番適しているという訳です。

 

兼業トレーダーが使うべき時間足は

ここまで兼業トレーダーには時間が無いと話してきて
使うなら長期の時間足と進めてきました。

 

そうなると、どの時間足を使えば1番わかりやすくてトレード機会があるのか

それは1時間足です。

 

文字を大きくして伝えたいのはこの時間足を主軸にすればまずトレードする機会
を失うことはないと思います。

例を上げるとほぼ同じ時間帯になるのですが

5分足

1時間足

わかりやすくする為に極端な例をだしましたがどっちがトレードしやすいかは一目瞭然ですね。

 

5分足の画像は1時間足の画像の1番右端の相当します。

1時間足だけでみれば対して価格は動いていませんが5分足だとかなり動いています。

こんな風に同じ時間帯でもかなり違うのでやりやすい時間足でトレードするのが良いと思います。

 

ここからは兼業トレーダーの目線で見るそれぞれの時間足について解説してくので
是非参考にしておいてください。

くれぐれも兼業トレーダーは長期の時間足でのトレードを優先してくださいね。

 

 

1 兼業FXトレーダー視点でみる5分足

 

2 兼業FXトレーダー視点でみる15分足

 

3 兼業FXトレーダー視点でみる1時間足

 

4 兼業FXトレーダー視点でみる日足

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です