トレードをすると全てが上手くいくためには心に余裕を持って!

こんにちは
管理人のロータスです。

今回はトレードを行う上で初心者が陥りやすい精神面の話をしたいと思います。

トレードをしていて重要なことは

心に余裕を持つことになります。

 

これが精神面では一番重要視されています。

心に余裕を持っていないと、どのような危険が潜んでいるか
それを回避する為の心がけを紹介しますね。

 

 

① 余裕がない時の危険なトレード

 

みなさん、トレードで利益を出したい、生活を楽にしたいと
熱意を持ってトレードをしていると思います。

 

しかし、どんな場合でも冷静になれる自分を持つことも重要です。

初めてFXトレードを行う人とベテラントレーダーでの決定的な違いがあります。

 

それは

もっと利益をだそうとする欲を制御できるか否か

これは本当に重要です。

 

トレードを行う以上、みなさん利益をだそうと考えています

これ自体はとても情熱を持って取り組んでいる証拠なので素晴らしいのですが時として思わぬ損を生みます。

 

僕の経験上、負け越しや連敗が続いてる時は

トレードそのものが迷走しています。

 

利益が出ていても、もっといけるんじゃないかとか
ポジションを多く所有しすぎている等多くの危険が潜んでいます。

 

僕の経験を話すとトレードに対して真剣に向き合わないで
勉強もおろそかにしていた時に45万円近く損失を出した事があります。

 

原因は損切りの注文をしていなかったことです。

 

今思えば愚かなだと思いますが就寝する前は利益が出ていたので安心していたんですね。

 

しかし翌朝見てみるとマイナス45万円になっていました。

もう朝から放心状態でその日は何にも手につかなかったことを覚えています。

 

このように

先の事を考えない事と迷走して周りの状況が見えなくなるから危険

ということです。

これを読んでいる人は熱くなりすぎないようにしましょう!

 

 

② 心に余裕を持つには

 

これまで熱くなると大損する傾向にあると話してきましたが
どうすれば防ぐ事ができるのでしょうか?

 

明確な答えはありませんが、僕自身がトレードする上で決めた事があります。

 

2回負けたらその日はトレードをしないです。

 

いろいろ方法を考えたのですが一番効果があったと思っています。

なぜなら

トレードを行わない事で冷静に相場状況を確認する事が出来たから。

 

ポイントは冷静に分析し、気分が落ち着いてきてもあえてトレードをしないことになります。

 

その日は負け越しで終わってしまいますが負けた時の記憶は勝った時の記憶より残りやすいので

次回に生かしやすくなります。

 

人それぞれ、冷静になる方法は違います。

自分が冷静になれる方法を行い、熱くなった頭を冷やす事

これがなにより重要です。

 

 

今日のまとめ
①心に余裕を持つ事で気持ちを切り替える

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です