FXトレードでの思い込みは破産を招く!

こんにちは
管理人のロータスです。

今回の記事は心に余裕を持ってトレードしよう!

同じく精神面に重点を置いて話していきます。

記事のタイトルにもある”思い込み”とは

 

タイミングを逃した時に焦ってしまう事です。

この時は赤い矢印が押し目のポイントになっています。

またこのチャートで見ると高値を更新している事もわかります。

 

このままトレンドが継続して行くだろうと判断しますね。

この時押し目の部分でエントリーが出来れば最良ですが、
エントリーするタイミングにトレードできなかったと仮定します。

 

すぐにエントリーしなければと思い、赤い矢印から2本後の
ローソク足の終値でエントリーしました。

 

時間が少し経過すると以下の画像のようになりました。

 

 

青い矢印の所は損切りのポイントを示しています。

このまま上昇するだろうと思いこんでしまいこの時は損切りになりました。

 

損切りにした理由はチャートが1時間足のチャートであった為
エントリーした時間足の最安値にすると決めていた事としていたからです。

 

まず2本目のローソク足の終値でエントリーしたが

これは間違っていないと思います。

 

問題は

 

・日足や4時間足を見ていないこと

 

・焦ってすぐエントリーしたこと

 

焦った理由は単に仕事から帰ってきて急いでトレードを行おうと思っただけです。

 

こう見るとひどく単純だと思いませんか?

 

こんな単純な理由でも簡単に負けてしまうので注意が必要です。

今回のポイントは損切りではなく

今エントリーしない勝てないと思い込んだ事が重要です。

 

未来の事は誰にもわからないので

思い込み全てが悪いと言いません。

ですが

 

・エントリーする前に他の時間足を見る

・トレンドラインを確認する

 

こういった対応策は必ず取れたはずなんですね。

 

今すぐエントリーしないと間に合わないと思いこんだ事

損失に繋がっています。

 

タイミングを逃したとしても、またチャンスは必ずやって来ます。

タイミングを逃したと思い込まないで次回のトレードに向けて準備をすればいいだけです。
思い込まないでトレードを行いましょう!

 

 

今回のまとめ
①タイミングは必ずやって来るので待ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です