[ROOKIE OF TRADE]第八巻トレードシナリオの構築基本編

こんにちは

管理人のロータスです。

今回からトレードシナリオの構築方法について話していきます。

 

ROOKIE OF TRADEでここまで一巻から七巻まで多くのことを話してきましたが
全てはこの八巻のトレードシナリオの構築の為に勉強してきました。

 

ちなみに第七巻でもトレードシナリオっぽい事を話していましたが第七巻はあくまでも手法の話になります。

その為ポジションの保持数や資金管理の方法を話していません。

この八巻でようやく通貨の選定から決済までの一連の流れを話していきたいと思います。

 

初心者の方であればこういった一連の流れを把握することは非常に難しいと思います。

その為手法ばかりに目が行ってしまってトレード前の部分がおろそかになっていしまいます。

 

この第八巻ではFXトレードの最初から最後までの流れを説明していきます。

しっかり把握しておいてください。

 

この第八巻では初心者の方や兼業でトレードを行っている人の為にも
3つの基本的なトレードシナリオの構築方法を話していきます。

 

・1日のトレード時間が2時間以上確保出来る方(デイトレ)

・1日のトレード時間が2時間未満の方(デイトレ)

・1週間に2回程しかトレードが出来ない方(スイング)

 

この3タイプについて今後詳しく話していこうと思います。

ほとんどの方がこれら3タイプのどれかに当てはまると思いますので是非参考にしてください。

 

今回は基本編という事で3タイプ全てに共通している点だけを話していきます。

3タイプの詳しい内容は後日話して行きますね。

 

トレードシナリオを構築する意味

 

さていきなりですが試験勉強の時に計画を建てて勉強していたほうでしょうか?

しっかりと事前にシナリオを構築してからトレードする方もいます。

短期に集中して一夜漬けの方もいると思います。

 

僕の場合は学校の試験勉強ではほぼ一夜漬けに等しい感じで短期に集中して勉強をしていました。

この方法が正しいか正しくないかは別の話になってくるのですが

FXトレードに置き換えると大事な問題点が一つあります。

 

・短期でも構わないがしっかりとした計画性があったか

 

ここがものすごく重要になってきます。

 

学校の試験でも一夜漬けの勉強をしても良い成績の人もいれば
しっかりと計画を立ていても良くない成績の人もいます。

僕はあまり良い方ではありませんでしたが(^O^)

その違いですが意外な所にあります。

 

なんとか成績を良くしようと計画を建てて試験勉強をしても
一向に成績は良くならず以前と変わらない状況が続いたんですね。

そこで一夜漬けでも成績が良い友人に話を聞いてみると意外な答えが帰ってきました。

 

その友人との話を簡単にまとめると

・計画しても実行できなければ意味が無い

・要点だけを覚えて後はその場で応用する

こんな風に話してくれました。

 

当時はホントかよ!?と疑っていて実践をしなかったのですが
月日が経ちFXトレードの勉強をしていた際にふと思い出したんですよ。

そして勉強していけばいく程、とても大切な事だとわかるようになり
そこからだんだん勝てるようになってきました。

FXトレードのシナリオ構築で大切な事は正に上記の2つになるんですね。

 

計画しても実行できなければ意味が無い

 

FXトレードだけという訳でありませんが大概失敗しやすい人の共通点として

計画通リに行動出来ないという問題があります。

 

理由は時間が足りない、やる気が起きない、勉強がわからない等等様々なものがありますね。

僕も初心者の頃は勝てない日が続いていたのでやる気が起きなかったり
時間が足りないと言い訳をして勉強していない時期がありました。

 

多分現在勝てていない人の多くは勝てない自分への苛立ちで勉強していない人が多いです。

ですが僕はこの事自体は決して悪いことでは無いと思っています。

人間誰しもやる気の出ない日はありますし特に働いている方であれば本業を
おろそかにして勉強するなんてもってのほかだと思っているからです。

 

ですがどんな人でも一つ心がけることで劇的に変われる部分があります。

 

・最初は無理の無い計画を立てる

 

ここを1番最初に注意しておけば後後修正は可能になるからです。

 

ポイントは最低限達成しなければならない所だけで計画を組むことです。

これはトレードシナリオに限った話ではありませんが

最初から突き詰めて計画を立てると高確率で挫折します(^O^)

挫折を防ぐという意味でも最低限の部分だけで計画を組めば達成しやすいからですね。

またもっと出来そうだったら後でいくらでも追加しても大丈夫です!

 

とにかくトレードシナリオでも計画通リに実行できなければなんの意味もありません。

達成しやすいポイントに絞って計画を建てて行けば自ずと出来るようになります。

 

要点だけを覚えて後はその場で応用する

 

トレードシナリオを組み立てていけば分かることなんですが最初は全く思った通リに動きません。

むしろシナリオを作っても作っても真逆の方向に進んでしまい
いっそ自分のシナリオと逆にエントリーすれば勝てるのでは?という錯覚に陥ってきます。

 

トレードシナリオを始めて構築する人がいきなり思った通リに進むシナリオを
構築出来ればその人は才能があります。

ちなみに一回や二回程度では無く一ヶ月、二ヶ月安定して勝てる人をここでは指しています。

 

トレードシナリオというものはあくまでもシナリオでしかありません。

初心者であればあるほどシナリオの作り方が甘かったり

テクニカル分析が上手く出来ていない等で往々にして勝てませんね。

この問題の解消ですがはっきり言うと一つしかありません。

 

・一つでも多くのトレードシナリオを作成する

 

至ってアナログの考えですがこれしか無いんですね。

ROOKIE OF TRADEでも初心者でも勝てるように話していますが

トレードしている本人の結果ほど最良の教材はこの世にありません。

そこから如何に多くのことを学んでいくのかも重要になります。

 

その為には一つでも多くのトレードシナリオを作成して経験を積むしか

ありませんし、トレード自体にも慣れていく必要があります。

地道な反復練習が唯一の近道なのを覚えておいてください。

 

反復練習をしてくると次第に要点だけでおおよそのことがわかるようになってきます。

後は状況に合わせて応用を聞かせていけばあらゆる相場状況に

対応出来るようになってきますね。

 

 

第八巻ではトレードシナリオについて話していきますが

ここは今までの知識をフルに活用にしていくことになるので

もしまだ不安な部分があるのなら先にそちらを優先してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です