FXトレードをビジネス視点で見ることの大切さ

こんにちは

管理人のロータスです。

今回はビジネスという視点でFXトレードを見てみたいと思います。

いきなりの質問になりますがビジネス視点で見るとはどういうこと
だと思いますか?

 

お金を稼ぐ手段、いろいろな事に挑戦する等様々な答えがあります。

 

恐らくほとんどの方がビジネス視点で見ることがしっかりと
出来ていないと思います。

 

こんな記事を書いている僕でも自信を持ってビジネス視点とは何か?

と問われると少し迷ってしまいますね(^O^)

 

迷う理由なんですが明確な答えが存在していないからだと

僕は思っています。

またビジネス視点と言えば業種、職種等でもいろいろ変化してきますので
一概に正しい答えがないんですね。

 

今回ここで語るのはFXトレードという物をビジネス視点で見た内容になります。

あまりトレードと関係無いと思われるでしょうが決してそんなことは

無いので参考にしてみてください!

それではいってみましょう!

 

FXトレードはビジネスか?

さてビジネス視点でFXトレードを語る上で押さえておきたいのが

 

FXトレードはビジネスか?

 

この点になりますね。

 

一般的なビジネスと言われるとお客さんとの直接売買することだと思います。

これは物であったりサービスであったり形態は問いません。

とにかく直接やり取りをして売買することを指します。

 

分かりやすい例で例えるとアフリエイトになります。

アフリエイトは教材販売者の教材を紹介して購入した時に報酬が発生します。

言わば代理店と同じ事をしていますね。

 

ネット上とはいえお客さんを呼び込まなければ紹介も出来ないので
立派なビジネスと言えるでしょう。

また来てもらうだけで当然売れませんのでしっかりとした
ターゲティングもしなければなりません。

 

 

ではFXトレードはどうでしょうか?

 

先程のアフリエイトで例えた

 

・お客さんの呼び込み

・お客さんのターゲティング

 

これらをFXトレードで行っているかというとまったく行っていません。

売買するのにも証券会社を通じて行えば済みます。

またターゲティングの必要もありません。

 

ここで僕の結論を言います。

 

FXトレードはビジネスでは無い!

但しビジネス視点で見ることは重要。

 

ここでタイトルにもあるビジネス視点で見ることに触れる理由ですね。

FXトレードは普段の生活で考えられるビジネスとは異なっています。

この普段の考えを一旦忘れて次の項目を読んでみてください。

 

ビジネス視点で見るポイント

ではいよいよFXトレードで見るビジネス視点について話していきます。

先程上記でFXトレードはビジネスでは無いと話しましたが

ビジネス視点で見ることは重要だと話しています。

 

これはどういうことかというと自分の資産を守ることに繋がってきます。

 

僕は会社で経理職として働いていて売上や経費の計算を行っています。

月末までに数多くの売上や経費をまとめなければならないので
大変なのですがあるときふと気づいたことがありました。

 

・売上が実際に入金される金額と同じとは限らない

 

まあ働いている方であればいまさらそんなことかよ!と思うかも
しれませんが新卒だった当時は驚きました(^O^)

 

会社に取って売上は非常に大事ですがそれ以上に実際に
入金がされなければまったく意味がありません。

いくら売上があっても会社を継続していくにはお金が必要だからです。

ですから会社としてはなるべく早急に現金でお金を
回収したいわけになります。

 

ここで自分の資産を守ることにつながってくるのですが

 

会社でも個人でも不測の事態には備える必要がある

 

これが意外と意識していない人が多いんですね。

FXトレードでお金を守る為には自分で守るしかありません。

それはFXトレードで無くてもまったく変わらないんですよ。

 

もし働いている方であれば会社が不測の事態に対して
備えているのか確認してみるのも良いと思います。

例えば倒産防止の保険に入ってるのか、退職金制度があるのか等
まずは行動してみるのが良いと思います。

 

今回は以上になります。

FXトレードはビジネスでは無いけれどビジネス視点を持つこと
は非常に大事だと考えておいてください。

 

FXトレードは遊びでやってんじゃないんだよ!(カミーユ風)wwwwww

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です