FXトレードでトレンドが継続している最中のフィボナッチの使い方

こんにちは

管理人のロータスです。

今回はトレンドが継続している最中でのフィボナッチ係数について話していきます。

さて前回のフィボナッチでトレードするのはたった2種類のみでOK

この記事ではフィボナッチの簡単な種類について話してきました。

 

実際どんな種類があるのか、またはどんな使い方をすれば良いのかを説明してきましたが
今回は特に重要なトレンド局面での使い方について話していきます。

ぶっちゃけ僕個人の考えではトレンド局面でのフィボナッチの使い方さえマスターしていれば
特に困ることは無いと思いますのでここだけは必ず覚えておいてください。

 

それではいってみましょう!

 

1 実際のエントリーでの考え方

フィボナッチも他のテクニカル分析でもそうですが分析をしてみても
実際にエントリー出来なければまったく意味がありません。
分析という物はエントリーするべきかどうかの根拠を考えるときに使うものですから。

 

大まかなフィボナッチリトレースメントの引き方は前回の記事で話しているので
よくわからない人は記事を見直してください。

またトレンドがよくわからないという人もこの記事で話しているので参考にしてくださいね。

ここからは、トレンドの定義を理解していて尚且つリトレースメントの引き方を知っている前提で話していきます。

 

まずはこちらの画像を見てください。

前回の記事では38.2%と61.8%の部分でエントリーしていく方法が正しい使い方だと話しました。

確かに間違ってはいないのですが、エントリーするに当たって最も考えなければならないのは価格の勢いです。

 

単純に線に到達したからエントリーというのは些か考察が足りないエントリーになってしまいます。

初心者の方が最初に苦労するであろうルール作りはあくまでも基礎的な部分になります。

基礎ももちろん重要なのですが、時にはルールを柔軟に変更して相場に対応していかなければ
安定して勝てるようにはなりませんね。

 

本題に戻りますがこのようにリトレースメントを引いて大まかな
エントリーポイントを把握したら必ずやってしまいがちな事があります。

 

黄色円の価格で指値注文をしておけば良いのではないのか?

 

絶対この疑問は湧いてくると思います。

ここからはこの疑問について考えていきたいと思います。

長々と考察を述べても結局何が言いたいんだ?と思われたくも無いのでいきなり結論から書きます。

 

1時間足以上のエントリーだったら指値でエントリー

 

1時間足未満のエントリーだったら成行でのエントリー

 

僕はリトレースメントを使う際にこのように使い分けています。

 

理由なんですがこのサイトに来ていただいている方の多くは兼業でトレードされていると思います。

兼業トレーダーの弱点はチャートを見ている時間が少ない事になります。

 

僕自身もそうなの良くわかるのですが、忙しい時期や仕事が溜まっていると
チャートをなかなか見ることができません。

有力な押し目のポイントを失いたくないのは事実なので僕は時間足で使い分けるようにしました。

 

まず1時間足以上のエントリーは指値注文を使う場合ですがこれは見ている時間足がそこそこ長期になるからです。

長期の時間足である以上ローソク足の確定には時間がかかります。
(まあ切り替わる瞬間にチャートを見れば話は別ですがwwww)

働きながらやっていると毎回、毎回同じ時間にチャートをい見る事は非常に難しいです。

 

そこで1時間足で大まかにポイントを確認した際に指値を使って注文を入れるようにしています。

こうする事で時間が無くても有効な押し目を逃さないようにしています。

 

ですがこれには欠点もあるんですね。

 

上昇トレンドの際、エントリーポイントを下抜けるとラインがレジスタンスラインに

下降トレンドの際、エントリーポイントを上抜けるとラインがサポートラインに

 

こんな風な欠点があります。

これを回避するにはしっかり終値を確認してからのエントリーが有効なのですが
それが出来ないために指値を使っているのでここら辺は各々リスクを考えて
使ってみてください。

 

1時間足未満の場合ですが、これは単純にチャートをしっかりと見れる場合に使用します。

またやっていることは1時間足以上の場合と変わらないのでここでは割愛します。

唯一注意するとしたら、時間足が短ければ短いほどトレンドは頻繁に転換するので
損切りポイントを適度に変更して対応してくださいね。

 

2 まとめ

ここまで長々と話していきましたが、実際のエントリーで注意する部分はたった2つだけです。

 

・時間足によって指値を使うのか成行を使うのかよく考える

・単純に線に到達したからという理由だけでエントリーをしない

 

この2つを覚えてもらえば全部読まなくても良いです(笑)

 

次回はトレンドの転換点の押さえ方について話していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です