FXトレードのここで差が出る本番とデモトレードの違い

こんにちは
管理人のロータスです。

今回は本番での取引とデモトレードの違いについて話します。

デモと本番の違い

 

この記事を読んでくれている読者は気づいているとは思いますが

デモトレードと本番の違いは

 

架空の資金か実際のお金(リアルマネー)か

 

これしかありません。

 

今回の記事でみなさんに話したいのは

上文に書いてある当たり前の事ではなく

それを踏まえてのデモと本番の違いを話したいと思います。

なんか勘違いされるかと思ったので一応書いておきました(笑)

 

自分のスタイルを決められる!?

 

デモトレードについての記事でも少し触れた点になりますが

デモトレードを行う理由に

成りたい自分を目指すのに最適な手法を構築する

があります。

 

これはどういう事だとおもいますか?

 

僕自身も当初

本で読んだり情報商材で勉強したりしていた時は学んだ手法を
鵜呑みにしてトレードを繰り返していました。

 

この学んだ手法を、そのまま繰り返す事はとても素晴らしいのですがトレードを繰り返す内に

もっと自分なりに応用が聞かせられるんじゃないか

と思い始めます。

 

僕はデイトレード用に購入した情報商材を

スイングトレード用に応用してみました。
その際トレード条件を緩くしたりテクニカル分析を増やしたり減らしたりしました。

 

この時に自分の考えた手法を試す実験場がデモトレードになります。

 

世の中にはFX商材に限らず、様々な情報商材に溢れています。

その中には優良商材として売られている物は確かに存在します。

 

ですが優良商材は真似するだけでは自分の力としては不十分です。

自分なりの手法を構築する事で初めて自分の力になります。

 

それを練習する為の デモトレードです。

 

デモトレードではたくさん失敗や挑戦を続けましょう。

 

失敗や挑戦した事はお金で買えない貴重な経験になります!

 

デモトレードの危険性

さてここまでデモトレードの大切さや重要性を簡単に話してきましたが、今度はデモトレードの危険性に
ついて話していきます。

僕が考えているデモトレードの危険性はたった1つです。

 

・現実感が無い。

 

この1つがFXトレードだけではなく投資全般における重要事項になります。

結局デモトレードはデモでしかないので残高が減ってもまったく自分は痛くありません。
そのためデモばかり続けているとトレードそのものがおざなりになってきます。

そのため、自分が構築した手法を無視したりして結果が出ない事につながってしまうんですね。

 

現実感を伴わせるにはやはりリアルトレードに移行するしかありません。

これは断言して言えます。

 

このサイトでも何回か言っていると思いますがFXではたとえ少額でもリアルでも
トレードをやらないと技術は絶対に上達しないのでなるべく早めにデモトレードを
終わらしてリアルトレードに移行してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です