トレードコインクラブで1サイクル経過しました…

こんにちは

ロータスです。

今回はTCCでの1サイクルが経過した報告になります。

7月の中頃から始めたTCCですが、4ヶ月が経過しました。

1サイクルを経過したら実際どうなるの?という事がだいたいわかってきたので
報告したいと思います。

トレード利益から引かれる25%の手数料

これはしっかりと引かれていましたね(笑)

今まではマトリクスボーナス等や月額の使用料等で0.03位引かれていたのですが、一気に0.21も引かれました。

この手数料なんですがどこの部分から算出しているのか?というと

一番右にある緑の0.85997148になります。

ここから25%の手数料を計算すると、0.21499287になりますね。

算出した手数料は黄色とオレンジの合計から引かれる事になります。

画像では既に引かれている状態になります。

 

稼いだ金額を出金してみる事にした

TCCを疑っている訳では無いのですが、とりあえず元本は確保しておこうと思います。

僕は元本は1BTC=26万円位の時に1.7BTCを投資しています。

実際には登録料の0.05が引かれて1.65になっていますね。

そこから半分だけ運用されるので実際には0.85で運用している事になります。

 

得た利益は0.53なので今の価格(1BTC=約¥1,200,000)に変換すると
¥636,000になります。

TCCに投資した1.7BTCは、7月当時1BTC=26万円なので
\442,000になります。

ビットコインの上昇による儲けですが、今全額出金すると\194,000の
利益になります。

 

ただ注意点が一つあって、TCCは全額出金すると48時間以内に資金を投入しないと
アカウントが凍結してしまいます。

なので今回は0.5BTCを出金してみようと思います。

 

出金方法は至って簡単です。

① My ProfileのMyBTCwalletでウォレットを作成

② FinancialのREQUEST WITHDRAWをクリックして出金金額を指定

たったこれだけです。

 

①番のウォレットを作成では一度登録したアドレスは削除できないので
ブロックチェーンウォレットで専用のウォレットを作成しておくと良いです。

 

さて②の解説をしたいと思います。

上の赤い文字の訳ですが、簡単に説明すると

・全額出金すると48時間でアカウントが閉じる。

・ブロックチェーン遅延の為、送金に最大72時間かかる

 

基本的に出金金額はオレンジか黄色のウォレットから指定します。

紫が0.3になっていますが正しくは0.805です。

 

金額を入力するとTOTAL VALUEに合計金額が自動で入り、後は
TOKENを入力して出金完了です。

ちなみに出金手数料として0.04掛かりました。

実際に出金できたBTCは0.5-0.04で0.46になります。

 

出金が成功するとこんな画面になります。

赤い画面でびっくりしますが、気にしなくて大丈夫です。

 

今後はTCOINに徐々に移していきます。

これで元本分は確保できたので、今後は稼いだビットコインをTCOINに移行していく予定です。

一応日本円では損はしていないので、気楽に出来ますね。

またしばらくしたら今度はTCOINでの運用を始めたいと思います。

 

PS

1サイクル経過して、出金出来た時は元本を取り戻せてよかった~と思いました。

投資は絶対では無いので、早めに元本の確保をしたほうがいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です