[ROOKIE OF TRADE]第七巻移動平均線+MACDを使いこなすためのチャートパターンその2

こんにちは

管理人のロータスです。

チャートパターン編その1でも予告したチャートパターンの見方について話していきます。

チャートパターンの分析

チャートパターンというのは形を覚えてしまえば、どの通貨、どの時間軸でも一定の信頼性を得られます。

もちろん時間足の短いパターンに比べて時間足の長いパターンのほうが重要な意味を持つ事には変わりありません。

 

その為覚えて当て嵌める作業しかしないので初心者には是非覚えてもらいたいと思います。

 

この画像に書いてある水色線は全てチャートパターンでも代表的な物を書いてみました。

チャートパターンの種類

一番左端の2本の水色線ですがフラッグと呼ばれるチャートパターンになります。

このパターンが出るタイミングはトレンドが発生し途中で調整が入っている時に起こります。

 

このパターンが出た時は2本の水色線を超えるまで待っていて下さい。

今回の場合であれば

・フラッグの前が下降傾向なので、2本目の水色線を上から下に抜けてから
エントリーをする。

もし負けるとしたら経済指標で突発的なニュースで価格が動いたりフラッグだと
勘違いした場合位だと思います。

 

僕のお勧めとして、対処法としてフラッグだと確信するポイントは

上下共に2回から3回同じ価格帯で動いた時にフラッグだと思っています。

トレンドの最中なら見つけやすいので是非探してみてください。

 

真ん中の黄緑色の円のあるパターンはトライアングルと呼ばれるパターンになります。

チャートの形が三角形に見えます。

今回のチャート画像では下に抜けていますが、上に抜けていく事もありますので

このパターンが出たら、下降か上昇どちらかに相場が動きやすいサインになります。

 

そして、上昇か下降どちらかに動いた後押し目等でエントリーしていく事に
なります。

 

ですが、問題もあるんですよ。

 

今回のチャートパターンはわかりやすく出ているのですが、エントリーするにあたって
自信を持てるかと言ったら少し弱いです。

 

弱い理由はMACDと移動平均線にあります。

両方とも並行か上昇傾向にある為強い下降トレンドでは無くなってきています。

 

中期、長期線は下の方向で良いですが短期線がローソク足を
うろちょろしているのでこれから進むであろう向きがわかりませんよね。

 

こんな時はトレンドがあまり長く続かないかなと頭の方隅に置いといてください。

重要なのは常に意識しておく事です。

 

 

最後に山と谷みたいなパターンが出てると思いますが

山みたいなパターンをダブルトップ

谷みたいなパターンをダブルボトム

と言います。

 

両方とも本来は天井圏、底値圏で出現する場合が多いです。

ダブルボトムはチャート上でも底値圏で出現している為絶好のエントリーポイントになります。

 

チャートパターンとしては絶好のタイミングですが移動平均線の視点から見ると
エントリーポイントとしては弱いです。

中期、長期ともに並行線ですしね(^O^)

 

ですがMACDの視点からタイミングは良いので利益は少ないがエントリーは可能と判断できます。

ダブルトップの場合も同様に、移動平均線の視点から見るとポイントとしては
弱いので早めに決済したほうが良い事がわかります。

 

以上が移動平均線+MACDの主な使い方になります。

なるべくわかりやすく書いたつもりですがいかかでしょうか?

 

この画像にもまだ説明していないポイントはありますので自分で探して見てください。
探す事で実力はついてきますから(^O^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です