トレードスタイルの確立に役立つ3つの種類

こんにちは

管理人のロータスです。

今回はトレードの種類を話していこうと思います。

トレードスタイル

最初に知って置いてもらいたいのは

人の性格やライフスタイルによってトレードスタイルは変化する

これを覚えてください。

 

トレードスタイルを選ぶ際に考えるべき項目があります。

 

① トレードに参加できる時間帯

 

② トレードに充てられる資金量

 

③ 自分の性格

 

これらは3つの項目でトレードスタイルを考えていくと自分に合った
トレードスタイルを構築しやすいと思います。

 

トレードスタイルとしてはスキャルピング、デイトレード、スイングトレード

上記3つが上げられます。

難易度はスキャルピング、デイトレード、スイングトレードの順番になり
スキャルピングが一番難しいです。

 

それぞれチャートの見方やポジション数も変わって来るので

自分に合ったトレードをしないと痛い目をみます(>_<)

 

トレードスタイルを決めるポイント

 

①番の「トレードに参加できる時間帯」ですがここが一番重要になります。

一日中トレードを出来る人、つまり専業トレーダーはどのタイプも選ぶ事が出来ます。

 

よほど自信がある時は長期の時間足で見たスイングトレードやエントリーし時間が許す限り
デイトレードやスキャルピング等幅広く利益を挙げる事も可能です。

 

もちろん、全部やらなくていいんですけどね(^O^)

それを踏まえると、決まった時間(3~4時間)や1~2時間程度しかトレードに参加出来ない人は
自ずと選択は狭まります。

 

僕は1~2時間程度なのでスイングトレードを中心としていて
たまにデイトレードしているスタイルになります。

 

そんなにチャートを見られる訳では無いので経済指標が発表される時間を見計らってチャートを見ているようにしています。

今はスマホでも簡単に見れますしね(^O^)

 

②番の資金量に関してですがこれはスタイルを決めた後のポジション数に重点を置いています。

スイングトレードはダマシがデイトレード等よりも比較的少ないですが10万円
しか資金が無い時に、最大ポジション数でエントリーする事は愚かです。

この場合もしっかりと資金管理を行いましょう。

トレードの種類を決めたら自分の資金と相談してポジション数を決めましょう!

ちなみに僕は3回損切りになっても許せるポジション数にしています。

 

③番の性格ですが、これは参考程度に考えてください。

上記の①番と②番でスタイルは、ほぼ確定しているのですが
どうしても決まらない人は読んで見てください。

 

トレードの種類を一通りやってみた結果、物事にあまり気にしない人はスイングトレードが向いているらしく

決まった範囲で終わらせる事に重点を置いてる人はデイトレード向き

即断即決できる人はスキャルピング向きだと思います。

 

まあ僕の独断と偏見による物なので、正しいかどうかわかりませんが迷ってみたら参考にしてみてください。

 

トレードスタイルは早めに決めておくとトレードの勉強方法もより正確かつスピーディーに出来るので早めに考えてください(^O^)

以下のリンクからそれぞれ話して行きます。

 

・スキャルピング

・デイトレード

・スイングトレード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です