初心者向けデイトレードの基礎を身につける実践テクニック

こんにちは

管理人のロータスです。

今回はデイトレードの基本的な手法について話していきます。

デイトレードとスイングトレードは同じ?

 

最初に知っておいて貰いたい事があります。

 

デイトレードとスイングトレードは、ほぼ同じ手法が通用する

これは僕が初めて知ったときはなるほどと思いました。

 

最大の理由は相場の判断や実際にエントリーする時間足が違うというだけ
で同じようにテクニカル分析が通用する点です。

 

スキャルピングでは時間足が短すぎた為、テクニカル分析に自信が持てない
事が多かったのに対してデイトレ、スイングトレードは時間足が長い分
テクニカル分析に自信を持って望めるからです。

 

まったく同じという訳ではありませんがデイトレードの基本を抑えておけば
スイングトレードの基本も抑えた事になります。

なのでデイトレード関連の記事内容はしっかり理解してくださいね(^O^)

 

デイトレードテクニック

僕は5分か15分足でエントリーをするタイミングを見極め、1時間足、4時間足日足で相場の流れを見ています。

本来であれば全ての時間足を画像で見せて行きたいのですが今回は15分足と1時間足のみの画像で話して行こうと思います。

上の画像が1時間足、下の画像が15分足になっています。

オレンジの矢印でチャートを確認したとします。

1時間足のチャートを見ると移動平均線は平行になっていますが価格は下に位置しています。

この場合、下がる可能性はあっても上がる可能性は少ないと言えます。

 

それを踏まえて15分足を見るといい具合にトレンドを形成しています(^O^)

トレンドが形成されてれば基本どこでエントリーしても最終的に勝てる確率は高いです。

 

あえてタイミングを図るとしたら青線(短期線)に近づいた時がチャンスです。

この他にもローソク足のパターンやMACD等のオシレータ系のテクニカル分析を
駆使して細かく分析するのですが、基本はこんな感じです。

 

それだけでは芸が無いので僕がもう一つ見ている点があります。

 

必ず前の価格との関連性を考える事です。

 

1時間足を見ると確かに価格は下に位置しているのですが

価格の高低は少なくなっています。

市場参加者が売買していない事がわかりますね。

僕だったら、オレンジの矢印でチャートを確認したら少し待つ事にします。

その後価格が動き出したらエントリーを考えるようにするでしょう。

 

ともかく

長期の時間足を見て短期の時間足でエントリーする。

これは基本中の基本です。

トレード3種類全てに通用するので必ず覚えてください(^O^)

 

次回はデイトレードテクニック 利益確定と損切り編を話します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です