初心者向けデイトレードテクニック利益確定と損切り目安

こんにちは

管理人のロータスです。

今回はデイトレードでの利益確定と損切りについて話していこうと思います。

答えが出ない利益確定と損切り

最初に話しておくと利益確定と損切りには明確な答えがありません。

究極の話をすると、利益が出た金額で納得出来ればそのタイミングで
利益を確定してもうこれ以上損失が嫌!と思う所で損切りをすれば良いわけですから。

 

ただこれでは、あまりにも抽象的で話になんのひねりもありませんね(>_<)

そこで、今回はデイトレードでの損切りと利益確定の目安をチャート図を用いて話していきましょう!

 

上の画像をみてください。

トレンドについての記事でも話した通りのトレンドを形成しています。

この場合なら赤い円でエントリーすれ事が最良になりますね。

そしてエントリーした後の利益確定になるのか、損切になるのか2つに1つです。

損切りと利益確定のルール

僕の場合になりますが

 

利益確定はピンクの矢印つまりボリンジャーバンドから一度でも越えたローソク足の終値

損切りでは青い矢印のつまり長期の平均線の少し上辺

 

こんな風に設定しています。

 

損切りの理由ですがトレンドを形成している状態で長期の移動平均線を超えてくる
という事はトレンドの転換、もしくはトレンドの終了を指すんですね。

絶対でありませんので注意してください。

 

トレンドを意識してエントリーしているのでトレンドが終了したと確認できたらさっさと損切りをしたほうが良いです。

この自分のルールで決めた所に達したら迷わず損切りを行うというのは非常に重要です。

どんなすごいツールや手法を見つけたとしても100%勝てる方法はありませんので
必ず損切はためらわないでください。

マイナスの金額が多いなと感じるのであればポジションの持ちすぎです。

 

僕も以前はマイナスになっているので躊躇して損切りをしなかった為に大きな金額を失った事があります。

 

利益確定の理由ですがボリンジャーバンドの記事でも話した性質を考える
とボリンジャーバンドから外れたローソク足の終値が一番無難だろうと思います。

利益があるともっと増えるんじゃないかと思うようになりますが
利益確定しないとお金は入って来ないので見極めが大事です。

 

これは僕が使っている利益確定と損切りのほんの一例です。

状況に合わせてその都度変更しなくてはいけないのですが

一つだけ注意すると一度決めた損切りだけは変えないでくださいね。

ここを変えてしまうと損失は膨れるばかりです(>_<)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です