初心者でも出来るスイングトレードを安全に行う基礎テクニック

こんにちは

管理人のロータスです

今回は初心者のお勧め!のスイングトレードに

ついて話していこうと思います。

スイングトレードとは

 

スキャルピング、デイトレードと話してきましたが、今回のスイングトレードは

初心者に特にお勧めしています。

 

・長期の時間足を見ている為、ダマシが少ない

 

・トレードシナリオをじっくり考えられる。

 

・チャートを常に確認しなくて良い

 

 

これら3つは初心者にとっても又熟練のトレーダーに対しても精神的に
負担が少なく兼業トレーダーには最適です。(時に時間が無い人)

 

しかしちょっと待った!

ここで誤解して欲しくないことがあります。

 

スキャルピングもトレード時間が無い人にもお勧めと話しましたが
スキャルピングの場合はトレード技術がある人限定です。

 

そういう人はデイトレードやスイングトレードでも利益を出している人が行って
いるので初心者は間違えないで(^O^)

 

スイングトレードの中身

 

基本的な手法はデイトレードとほぼ変わりません。

時間足が月足、週足で次に日足若しくは4時間足を見るくらいです。

 

この順番は鉄板だと思っています。

 

何度も話してしつこい位ですが長期の時間足を見てから短期の時間足をみます。

 

スイングトレードも同じなんですが、デイトレードやスキャルピングと決定的に違うのは

時間足が長い分、ローソク足やトレンドラインの影響力が強い!という事です。

 

トレードする場合、テクニカル分析を行う訳ですが重要視されているのが
ローソク足の形やトレンドライン等です。

 

日足、週足等で出れば抜群に影響力を持つ訳なんですね(^O^)

 

ぶっちゃけた話、日足、週足で出ているラインやローソク足だけでトレードを
行っている人がいる位なので重要さが分かると思います。

 

 

デモトレードでエントリーのタイミングや損切りを学んだら
まずはスイングトレードで実践を行ってみてはどうでしょうか?

テクニカル分析が良く効くと思いますよ(^O^)

 

次回はスイングトレードテクニック 実践編を話します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です