初心者には注意してもらいたいスキャルピングでの時間足選別方法

こんにちは

管理人のロータスです

今回は時間足の選別方法から見たスキャルピングを話していきます。

スキャルピングの時間足選別法

今までのスキャルピングではエントリーポイントや損切り、利益確定の事を話してきました。

 

今回は実際にどの時間足でエントリーポイントを探るのに適しているか

どういう時間足の順番で見ていけば良いかを話していきます。

 

必ず長期の時間足から見ていこう!

何度も何度もしつこいかもしれませんが、これは絶対外せませんね!

今回はスキャルピングの時間足について話しているので
見るべき時間足を一つ一つ話していこうと思います。

長期の時間足では1時間足でOK!

いきなり日足、4時間足をすっ飛ばしていますがこれには訳があります。

うまくいかない人へ贈るスキャルピングテクニックの利益確定と損切りでも

少し触れましたがあまりにも長い時間足をみても意味がありません(^O^)

 

なぜなら

長期の時間足の影響力がどんだけ強くても、影響が出た場合は

短時間足でのエントリーは既に利益確定か損切りになっているから

 

どういう事かと言うと日足等でローソク足が極端に動く場合
短期の時間足ではとても大きな値動きになっています。

 

損切りも利益確定も幅を少なくしてやっているので既に決済が終わっています

だから意味がないんですね(>_<)

 

これらを踏まえて考えると、僕の場合でしたら

1時間足と30分足で流れを見て、1分若しくは5分足でエントリーを行う。

この時間足を選択します。

 

理由は至って単純で1時間足か30分足位が1分若しくは5分足に
最も影響力が出るからと考えているからです。

 

テクニカル分析を行う場合も1時間足を中心に行います。

決めておけば、実践で迷う事がなくなりますね(^O^)

そして1分足、5分足は本当にエントリーするだけにしています。

 

上記で紹介した決め方は僕の場合を想定して話しています。

時間足の選別は一人一人違うと思いますので是非自分にとっての最良を見つけてみてください(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です