初心者には注意してもらいたいスイングトレードでの時間足選別方法

こんにちは

管理人のロータスです

今回はスイングトレードの時間足の選び方を話していきます。

スイングトレードする為の時間足選別法

 

基本的な選び方はデイトレードでの時間足選別方法とほとんど変わりません。

スイングトレードでしか見ないポイントもありますので

今回はその点を話していきましょう!

 

まずおさらいから

 

・スイングトレードはエントリー回数が少なくしている

 

・一回が少なくなる理由は長期の時間足を見て慎重に行うから

 

・利益確定、損切り共に幅を大きくとっている。

 

・レバレッジは低めに

 

こんな所が挙げられます。

 

初心者向けのスイングトレードを安全に行う基礎テクニックの記事でも
話していますのでここでは話しませんが、レバレッジだけ話して起きます。

 

エントリーが少ない分レバレッジを最大に効かせたい所ですが
ここはあえてデイトレードより少し低めに設定します。

 

理由はトレードに絶対はなく、もし損切りになったらロスカットになりやすい

この事を頭に必ず入れておいてください。

損切り、利益確定とそれぞれ大きく幅を取るのがスイングトレードの特徴です。

 

これがレバレッジを高く設定していて、損切りになった場合一気に資金を失います。

これは防ぐ為にもロスカットになる前に損切りを行いますね(^O^)

 

長期の時間足を見る事に一番注目しているスイングトレードですが

僕の場合だと

エントリーする時間足は日足、相場の流れは週足のみ

にしています。

 

デイトレードもスキャルピングも必ず相場の流れは2つ以上の時間足を
見ていましたがスイングトレードだけは別です。

 

理由なんですけど月足だとスイングトレードでも長すぎるからです。

月足レベルで見るならば年単位でポジションを保持する場合になります。

さすがに年単位で保持しないんで見ないんですね(^O^)

 

以上が僕の見ている時間足になります。

人それぞれ時間足の選定は異なりますので参考程度に考えてくだいさいね(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です