常勝トレーダーも必ず行う検証でやっておくべきポイント損切り編その2

こんにちは

管理人のロータスです。

今回はトレード検証の中でも一番重要な損切りについて話していきます。

損切りしないと大変

前回の損切りはルール通りに従って損切りした例を話しました。

今回はルール通リに行わなかった損切りについて話していきます。

 

最初に決めたルール通りに損切りを行わない事は初心者でもベテランでも絶対にやってはいけません!

 

トレードが上達してくると自分で決めた損切りに達する前にやばそうだなと
感覚的にわかるようになります。

それくらい技術や相場感覚がある分には問題ありませんが勉強を始めたばかりの人や初心者の内は
ルールに従ってくださいね(^O^)

 

損切り実例

以下の画像で検証していくポイントを話していきます。

今回もトレードシナリオを考えて、ポジション数も資金と相談して

オレンジの円で売りのエントリーをしました。

 

長期の時間足を見た時に下降トレンドを形成していて
今後も下がって行くだろうと考えました。

しかし予想に反してその後上昇していきましたね。

 

青い線で決済の注文を入れていたが、そのうち下がるだろうと考えて決済注文を取り消してしまいました。

その後、上昇を続けた為結果予想より多くの損を出してしまった訳ですね(>_<)

 

言わなくてわかると思いますが検証ポイントを上げていきます。

 

・青い線の決済注文をなぜ変更してしまったのか?

 

・じゃあ結果的にどこで損切りをすれば良かったのか?

 

この2点になります。

 

最初の青い線でも決済注文の取り消しですが

一番やってはいけない事です!

 

損切りポイントを変更するという事は既に自分の予測と反して
価格が動いている状態で変更するはずです。

 

自分の財産を守るには決断力が不可欠です。

 

そのうち下がるだろう、という考えをしている時はまず下がりません。

不思議な物で願えば願うほど価格は願った方向と逆に動きます(^O^)

 

自分の予測と違っていたら割り切って損切りをしてください。

これが一番重要ですね!

 

結果的に損切りはどこですれば良かったのか?という点ですが
間違いないのは最初に決めた青い線の価格です。

 

ここまで上がってくると恐らく上昇トレンドの流れになるんですね。

事実、その後は上昇し続けていますね!

僕の場合で損切りを挙げるとしたらボリンジャーバンドの中心線を終値で超えたらでしょうか。

 

ただこれも一概に正しいとは言えないんですね。

中心線をを超えてくると上限のボリンジャーバンドに行く可能性が高くなります。

 

高くなるだけで絶対とは言い切れません。

チャートを見ると一回超えてもその後また下がっていますよね。

このようにどっちに転ぶか分からない状況になるんです。

 

損切りの話に戻りますが、中心線で損切りをしておけば少なくとも
一旦トレードを終える事が出来ます。

 

その後でじっくりトレードシナリオを考えれば良い訳です。

流れが分からない場合は一旦トレードを終わらせるのも一つの手ですね。

 

 

以上が損切りの最後の説明になります。

これが全て正しい訳でも無いので、あくまでも僕の解釈だと思ってください。

みなさんも自分で損切りポイントを見つける事が大事ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です