お金を掛けたくない怠け者の為のFXトレード記録の付け方

こんにちは

管理人のロータスです。

今回はトレード記録をつける為のポイントを解説していきます。

FXトレード記録の付け方

FXのトレード記録という物は非常に重要だと前回話しました。

重要だと分かっていても、毎日のトレードを付けて行く事は非常に根気がいります。

僕自身、結構怠け者の性格なので出来るだけ簡略化できないかと考えていました(笑)

 

トレード記録をつけている内にふと思ったのはなんでトレード記録を付けているのか考え始めました。

 

そうした時に単純に利益が出た、損を出してしまった等を書くよりは

トレードした時の考察の記録が重要だと思ったんですね(^O^)

利益、損失の金額はFX証券会社で簡単に検索できますしね

 

現在では売買した記録は月に一回期間を指定して見ているだけです。

それよりもトレードした時の考察のほうが重要ですから

 

以下の画像は僕の損失を出した時の一例になります。

どうでしょうか?

 

そんなに大した事は書いていません(>_<)

そんなに多くの事を書いていないので続けられると思います。

ただ大事な事は必ず

 

・損失を出した要因を探る事

 

・次回防ぐ為の解決策を考える事

 

これだけでも結構です。

 

最低限これだけあれば、充分に今後使えます!

また必ずチャート画面をキャプチャーして保存してください。

以前は文章のみで記録付けていたのですが一ヶ月くらいして
見直すとよくわからないんですよ。

自分で付けているんでけどね(´・_・`)

そうならない為にも画像は必ずつけましょう!

 

正直な話、僕も最初の内は全てのトレードを記録していました。

でもやっぱりめんどうになってくるんですね。

 

トレード記録は付け続ける事に意味がありますので
長続きする工夫が必要になります。

 

上記の画像は僕の一例ですが、付け方は人それぞれになりますので
是非工夫をしてみてくださいね(^O^)

 

次回は記録をする上でおすすめする無料のソフトを紹介します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です