FXトレードで使えるローソク足での買いサインを見極める上昇パターンその1

こんにちは

管理人のロータスです。

今回は上昇する前兆に現れるローソク足のパターンを紹介していきます。

ローソク足はパターンで覚える

 

ローソク足は単体だけでも意味がありますが組み合わせを考える事で
より強力なサインとなります。

ローソク足でパターンを探る場合重要なのは

 

・ローソク足の形

 

・出現している位置

 

これらが非常に大切です。

 

なぜ大切かというと形は価格の圧力を示していますし出現している位置はライン等と考慮する事で

押し目買い、戻り売り等のエントリーポイントになるからです。

 

今回は出現したら価格が上昇する確率が高いパターンを紹介します。

 

① ダブルボトム

 

ローソク足でも比較的見つけやすいパターンがあります。

それがダブルボトムというパターンです。

 

上の画像はダブルボトムを表示していますが、ダブルトップは丁度
画像を反転させた形になります。

 

見て欲しいポイントは赤線を引いてある所で価格が抑えられている点です

この赤線の価格で市場参加者がこれ以上下がらないだろうと判断している訳ですね(^O^)

 

このローソク足が出た場合はトレンド方向を確認し尚且つチャート画面では
下方に位置している事がエントリーの条件になります。

 

もし下方の位置なければエントリーを見送ったほうが賢明です。

 

下方に位置していないという事はこのローソク足より前の段階で
もっと価格が低いローソク足が存在している事になります。

 

その場合、そちらが重要視されて来るのでこちらだけではエントリーとしては弱いんですね。

 

② 明けの明星

 

このローソク足も買いのエントリーとしては考慮する要因の一つですね

このパターンを明けの明星といいます。

 

陰線を形成した後に次のローソク足で買いの圧力が増します。

そうすると

 

陰線で売りでエントリーした人の損切り

 

新たに買いでエントリーする人の出現

 

上記の要因で一気に買いの圧力が高まります。

 

その為一番右の陽線が出てきて上昇の兆しが見えてきます。

念のために言うと3つ出現して初めてパターンになるので
忘れないようにしてくださいね。

 

捨子線

この捨子線も明けの明星と同様の理由です。

ただ僕が思うに

捨子線より明けの明星のほうが比較的上昇しやすいのでは?と思っていますね。

 

捨子線の②番目のローソク足はどちらに進むか迷っている
市場参加者が多いと思いますから。

 

これも3つ揃って初めてパターンになります。

僕自身の経験で言えば、焦ってパターンを決め付けると大体外れるので注意してください。

 

まだまだ上昇のパターンはたくさんあるので次回で話していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です