FXトレードで使えるローソク足での買いサインを見極める上昇パターンその2

こんにちは

管理人のロータスです。

前回に引き続き上昇パターンで見られるローソク足を話します。

ローソク足の上昇パターン

前回の引き続きになりますがローソク足の上昇パターンを話します。

今回は比較的時間足の長い場面で出てくると有用なローソク足を話していきます。

 

① たくり足、勢力線

これがたくり足というローソク足のパターンになります。

これが勢力線というローソク足のパターンになります。

 

画像を見てもらうとわかると思いますが②番目のローソク足が陰線で終わるか陽線で終わるかの違いだけです。

それだけでは芸が無いのでそれそれ解説していきますね(^O^)

 

たくり足のローソク足パターンは難しくありません。

 

それまで下降トレンドを形成していて反転する時

 

もしくは上昇トレンドの最中の押し目の部分の時

 

この2つの状況で出てくればエントリー条件としては最高です!

 

なぜなら、2番目のローソク足は

一旦価格が下落しているがまた始値付近まで持ち直ししている

しかし、始値より終値は低い

こんな状況が考えられます。

 

画像ではそんなに長くありませんが

下に出ているヒゲと呼ばれる部分が長ければ長いほどこのパターンは意味を持ちます。

場所も底値圏で出ていれば尚良し!

 

勢力線のローソク足パターンもたくり足のパターンと考え方は変わりません。
むしろほぼ同じです。

 

僕の考えとして勢力線のほうがより強い上昇の兆しと言えると思います

なぜなら2番目のローソク足が陽線で終えているからです。

 

結構単純だなぁと自分でもそう思います。

 

しかし終値が始値より高い価格で終えているのが重要だと考えています。

僕はトレードする時に必ず終値が確定してからエントリーしているので
終値にこだわりがあります(^O^)

 

ここらへんの考え方は人それぞれであり、状況によっても変化するので

一概に正しい、正しくないはないのですが、一つの基準にしています。

② 赤三兵

赤三兵というローソク足ですが僕の中では上昇するパターンの中で上位に食い込む信頼さがあります。

 

画像では陽線のローソク足が大きく見えますが、小さな陽線でも同じパターンを形成していれば赤三兵になります。

これも連続して陰線が出た後、今度は連続して陽線が出ています。

 

どういう事かというと

1番情報の早い投資家がひそかに買いを始めていて

それに一般投資家が追っかけている

そんな状態です。

 

基本的に価格に対して1番早く反応するのが機関投資家と言う集団でその後一般投資家が追っかけて行く訳です。

 

このパターンはまさにそれを表しています。

最初の陰線が連続しており、その後陽線が出て上昇しています。

この上昇したポイントで機関投資家が買いでのエントリーが始まっている訳です。

それに続いて個人投資家が買いでエントリーしている為連続して陽線が出ています。

 

わかりやすい予測できますね(^O^)

これも底値圏で出現する事がエントリー条件になります。

 

次回で最後になります。

上昇パターンのその3も是非読んでください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です